装備レンタル付!出羽三山 3日間

装備レンタル付!出羽三山 3日間
料金:59,800
出発日:2021年8月27日(金)
発着地:新宿西口(やまどうぐレンタル屋前)
集客状況、満席かどうかについては、ツアー一覧をご確認ください

■ ここがポイント!

出羽三山は古くから山岳信仰の場として人々に親しまれている場所です。
今回は日本百名山の月山を含む羽黒山、湯殿山の出羽三山を巡ります。
1日目は宿坊に宿泊し、翌朝のご祈祷に参加してから月山へ。
通常日帰りで登る月山に2日間かけて湯殿山へ下山します。
2日目はお食事が美味しいことでも定評のある月山頂上小屋に宿泊し天気がよければ夕陽、ご来光も。

出羽三山は、山形県の中央にそびえる羽黒山(414m)・月山(1,984m)・湯殿山(1,504m)の総称。

◎「生まれかわりの旅」
おおよそ1,400年前、崇峻すしゆん天皇の御子みこの蜂子皇子はちこのおうじが開山したと言われる羽黒山は、羽黒修験道しゅげんどうの行場であり中枢です。
修験道とは、自然信仰に仏教や密教が混じり生まれた日本独特の山岳信仰です。
羽黒修験道の極意は、羽黒山は現世げんせの幸せを祈る山(現在)、月山は死後の安楽と往生を祈る山(過去)、湯殿山は生まれかわりを祈る山(未来)と見立てることで、
生きながら新たな魂として生まれかわることができるという巡礼は
江戸時代に庶民の間で、現在・過去・未来を巡る「生まれかわりの旅」となって広がったそうです。

※Yamakaraツアーでは往復の交通手段として他のツアーとの混載となる場合がございます。天候などの状況によりお客様が下山した後に他のツアーの下山をお待ちいただく場合がございますことを予めご了承ください。

東京からバスで出発し1日目は羽黒山の五重塔を見学。

出羽三山 羽黒山(過去)・月山(現在)・湯殿山(未来)をと巡ります

この長い階段を登っていくと羽黒山に到着

月山は八合目から登ります

天気がよければ遠く鳥海山も

下山は湯殿山を経由して。

ツアーの模様はYamakaraかわら版へGo

■ 登山装備まるごと無料レンタル付!初心者でも安心!

◇無料レンタルアイテム7点

①登山靴 ②雨具上下 ③ショートスパッツ ④ザック(ザックカバー付き) ⑤ストック ⑥ヘッドランプ ⑦フリース 
※ツアーにより必要な装備が上記以外にある場合は別途ご案内いたします。
※靴下のプレゼントはございません

◇レンタルお申込み方法

・ツアーお申込みフォームにレンタル欄がございます。希望するアイテム名、点数、靴・雨具はサイズをご記入ください。後日ご検討の際は、ツアーお申込み後に届くご案内メール内のフォームリンクより出発の1週間前(屋久島ツアーは2週間前)までにお申込みください。

◇レンタル受け取り・返却方法

・ツアーお申込みフォームにレンタル受け取り方法の選択欄がございます。基本的には当日または事前に新宿店受け取り(屋久島ツアーは現地受け取り)となります。
・返却は、下山後の立ち寄り湯や新宿店到着時などツアーにより異なります(屋久島ツアーは現地返却)。基本的には解散前にご返却となります。

■ 行程表

行程 行動時間
1日目 7:30新宿出発==バスで羽黒山15:00頃 到着後、散策 宮田坊(泊) 2時間
2日目 宮田坊朝のご祈祷・食事後出発==2446段の石段を上り羽黒山山頂へ=バスで移動=月山八合目・・・月山山頂・・・頂上小屋(泊) 5時間
3日目 頂上小屋・・・鍛冶小屋跡・・・牛首・・・紫灯森・・・浄身川・・・装束場/施薬小屋・・・月光坂/鉄はしご・・・祓い場・・・湯殿山神社 ==立寄り湯(各自お支払)==山形自動車道==東北道==西新宿21時頃着 5時間

■ 旅行代金(大人お1人様)・条件

旅行代金 59,800円
出発日 2021年8月27日(金)
発着地 新宿西口(やまどうぐレンタル屋前)
ガイド・スタッフ ガイド(先達)スタッフ同行
最少催行人数 15名
最大催行人数 20名
食事 朝2・昼×・夕2
利用交通機関 光輝観光バスまたは同等
宿泊 1泊目:宮田坊、2泊目:月山頂上小屋

» 装備レンタル付!出羽三山 3日間参加お申し込みはコチラ!

» 全てのツアー一覧はコチラ!