花とハシゴと山岳信仰と!変化に富んだ黒戸尾根・甲斐駒ヶ岳

行ってきました!

7月11日(月)

富田祐輔

花とハシゴと山岳信仰と!変化に富んだ黒戸尾根・甲斐駒ヶ岳

6月25日~26日に、黒戸尾根・甲斐駒ヶ岳の添乗に行ってきました。
写真と共にその様子を報告します。

近代登山前の山岳信仰による登山を味わえる古道。
石碑や仏像があちこちに残り、往時の賑わいを感じさせます。

日本三大急登と言われていますが、急な岩場や梯子も断続的に出てくるので飽きません。
イワカガミやツガザクラなどの花々も楽しませてくれました。
個人だと竹宇駒ケ岳神社からの往復がメインになりますが、北沢峠へ通り抜けるルートはツアーならではだと思います。

是非、皆さんもチャレンジしてみてくださいね!!

----------------------------------------------------

竹宇駒ケ岳神社からスタートです!

竹宇駒ケ岳神社からスタートです!

尾白川渓谷の緑が眩しい。

尾白川渓谷の緑が眩しい。

透き通るようなギンリョウソウがお出迎え

透き通るようなギンリョウソウがお出迎え

黒戸尾根は古くから登られている登山道で、こうした石碑が点在します。

黒戸尾根は古くから登られている登山道で、こうした石碑が点在します。

花崗岩の岩場が出てきました。八ヶ岳や日向山を望みます。

花崗岩の岩場が出てきました。八ヶ岳や日向山を望みます。

刀利天狗と呼ばれる地点。修験者の修行の場所だったのでしょうか。

刀利天狗と呼ばれる地点。修験者の修行の場所だったのでしょうか。

広葉樹の森が広がる黒戸尾根。岩場の陰にはヒカリゴケが…!

広葉樹の森が広がる黒戸尾根。岩場の陰にはヒカリゴケが…!

五合目を越えると鎖場・ハシゴが本格化してきます。

五合目を越えると鎖場・ハシゴが本格化してきます。

石碑もいっぱい!こんな切り立った岩場まで良く持ってきたなぁと感心します。

石碑もいっぱい!こんな切り立った岩場まで良く持ってきたなぁと感心します。

岩場の間にイワカガミが咲き乱れていました。まるでイワカガミロード。

岩場の間にイワカガミが咲き乱れていました。まるでイワカガミロード。

七丈小屋に到着。室内は蚕棚になっており、仕切りがあるためパーソナル空間が確保されています。

七丈小屋に到着。室内は蚕棚になっており、仕切りがあるためパーソナル空間が確保されています。

七丈小屋の夕食。スパイシーなルーが疲れた身体に元気をくれます。生野菜のサラダもうれしい!

七丈小屋の夕食。スパイシーなルーが疲れた身体に元気をくれます。生野菜のサラダもうれしい!

朝6:00過ぎに出発。テント場近くからは鳳凰三山が良く見えました。

朝6:00過ぎに出発。テント場近くからは鳳凰三山が良く見えました。

七丈小屋から山頂まで岩場・鎖場が断続的に出てきます。

七丈小屋から山頂まで岩場・鎖場が断続的に出てきます。

緊張続く道。高山植物にホッコリします(写真はイワウメ)

緊張続く道。高山植物にホッコリします(写真はイワウメ)

山頂についたら360度のパノラマ…とはいかず、ガスがかかっていましたが記念撮影。

山頂についたら360度のパノラマ…とはいかず、ガスがかかっていましたが記念撮影。

それでも、祈りが通じたのか一瞬晴れ間が!!

それでも、祈りが通じたのか一瞬晴れ間が!!

北沢峠へ下山開始。残念ながら展望は楽しめず。

北沢峠へ下山開始。残念ながら展望は楽しめず。

摩利支天に立ち寄り。スサノオノミコトの銅板が印象的。

摩利支天に立ち寄り。スサノオノミコトの銅板が印象的。

北沢峠に着いたら、クリンソウの群落が出迎えてくれました。

北沢峠に着いたら、クリンソウの群落が出迎えてくれました。

----------------------------------------------------

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
また次のツアーでお会いしましょう!

Yamakara担当:富田

この記事をシェアする

この記事を読んだ人が過去に見た記事

  • 【レンタル装備品】ご登録手順

    やまどうぐレンタル付きツアー「Yamakara」をご利用いただき、ありがとうございます。レンタルフォームからの、装備の登録・変更手順についてご説明させていただきます。【注意事項】★...

  • 【Yamakara通信1213】寒波到来!

    今日は寒かったですね。北日本は発達した低気圧の影響で今シーズン最強の寒波でお天気は大荒れとの事。雪が降ってくれるのはいいですが、吹雪とかはちょっと。。。明日からも冷えるようですので...

  • happy new year 2022

    【Yamakara通信0101】新年号明けましておめでとうございます

    2022年が始まりました。昨年はYamakaraツアーにご参加いただきありがとうございました。今年も色々とツアーを企画し、皆様のご参加をお待ちしております。引き続きYamakara...

  • 【Yamakara通信1227】寒波にも負けず山へGo

    今年一番の大寒波、この言葉2回ほど聞いているような気がしますが・・・17時を過ぎるとキ~ンと寒くなり、体が固まってしまいそうになります。そんな時こそ体を動かしてぽかぽかにしないとだ...

  • 雪の宮之浦岳

    【Yamakara通信1220】師走は忙しい

    週末は寒波の影響で縄文杉ルートにも雪がつもりました。屋久島でも冬本番といった感じです。年末にも寒波が来るようで雪が深まる地域も多そうですね。今週のメルマガはnewツアーや屋久島ツア...

  • 益救参道

    【Yamakara通信0117】鬼火焚き

    年明けから半月。少しずつですが、陽も長くなってきましたね。とは言えまだまだ冬本番。しばらく寒い日も続きます。コロナウイルスの感染拡大のニュースも気になる状況ですが、体調管理と感染対...

  • 【Yamakara通信0110】寒波ふたたび

    年が明けても寒い日が続いております。今日は比較的暖かかったですが、また明日から寒波が来るようです。先週のように関東地方も雪が!?なんて予報もチラホラでています。山に行くときもそうで...

  • DSC05999

    【経】ツアーについて

    こんにちは。Yamakaraの山田です。
    今回は、新たに登場した、【経】のついている、つまり、経験者のみのツアーについて説明します。
    まず、この【経】のついているツアーは雪山の...

  • ツアー代金のご入金について

    今までツアーにお申し込みをいただきますと、お申込案内のメールをもって受付完了、
    ご入金をもって予約完了となりますとご案内させていただいておりました。
    しかしお申込後、そのままご...

  • 【Yamakara通信0124】雪の芸術作品を見つけに行きませんか

    2022年もあっという間に1か月が過ぎてしまいました。今年もコロナに振り回される1年が始まり、「まん延防止措置」適用を政府に要請と言うニュースばかり目にする日々が続いていますが、コ...