【Yamakara通信1107】2023年屋久島ツアーオープン

Yamakara通信

11月7日(月)

満園純平

【Yamakara通信1107】2023年屋久島ツアーオープン

こんばんは
Yamakara屋久島担当の満園純平です。
ここのところメルマガ屋久島ツアーがお休み気味ですみません。
今週のメルマガは2023年の屋久島ツアーをオープンしておりますので、是非チェックしてみてください。
いままで出し惜しみをしていたわけではございません(笑)
と言いながらもトップ写真は蔵出し画像。
以前登山道整備で奥岳に数日テント泊した時にスマホで撮影した宮之浦岳に流れる天の川です。

よく屋久島のベストシーズンは?と聞かれますがYamakara出発日限定ツアーでは季節に応じたその時のBESTのツアー日を塾考して設定しておりますので、季節を失敗したくなければYamakara一覧に載ってるツアーで間違いありません。安心してお申込みください。

雨が降らない日程は?もよく聞かれますが、正直そんなの知らん。が答えです。
統計的に晴天率が高い季節や日程にツアーを作っても雨が降るときは降ります。逆に雨を心配するがあまりに雨を引き寄せてそうな人はよく見受けます。
ツアーを申し込んだ後は好天を信じて得を積み、屋久島の場合は雨の森も良い景色なので全ての天気を受け入れましょう(笑)
ちなみにトップの写真は梅雨真っただ中の日程に3日間晴れた作業日でした。信じる者は救われる~
来年はYamakaraで屋久島へお越しください。

■本日のメニュー
【1】Newツアー(日帰り)
【2】Newツアー(宿泊編)
【3】全国旅行支援対象ツアー
【4】追加設定しました
【5】【特別企画】冬の上高地を楽しもう!
【6】2023年屋久島ツアー
【7】カスタマーセンターからの重要なご案内

Newツアー (日帰り)

◎篠ノ井線廃線敷きウォーキング ワンデー
出発日:2022年11月30日(水)
集合場所:やまどうぐレンタル屋新宿店前 7:30
ツアー代金:12,800円

https://www.yamakara.com/course/812/detail

鉄道開業150年、そして篠ノ井線開業120周年。てっちゃんではないですが、
先日未成線ツアーを企画してそうだ!2018年に訪れた篠ノ井線の廃線敷きにまた行きたい。
と思いだして出来上がったツアーです。
今回の案内人は安曇野でゲストハウスを経営されている仙石弘子さん。
お話を聞きながら、冬、そして春夏秋と四季折々の安曇野に訪れたくなってしまうかもしれません。

◎2023年の干支の山に登ろう! 栃木・寅卯山と椎茸狩り・矢板温泉 ワンデー
出発日:2023年01月21日(土)
集合場所:やまどうぐレンタル屋新宿店前 7:30出発
ツアー代金:14,800円
https://www.yamakara.com/course/809/detail

2023年は卯年。ということで見つけ出したのが、この寅卯山(とらうやま)です。
標高差約90m、歩行約1.5km。残念ながら歩き応えも展望もありません(笑)
でも、美味しい椎茸狩りや温泉入浴付きのほっこりした山旅を楽しみませんか?
もはやYamakaraの栃木県観光大使!?オジーこと尾島ガイドがご案内します。

◎箱根外輪山縦走 明神ヶ岳~金時山 (現地集合ワンデー)
出発日:2023年1月22日(日)
集合場所:小田急線箱根湯本駅8:30集合
ツアー代金:5,000円

https://www.yamakara.com/course/810/detail

箱根の定番コース、今回は明神ヶ岳から金時山まで縦走します。
明神ヶ岳は山頂から富士山や芦ノ湖・大涌谷など様々な景観が楽しめる山です。
金時山までの稜線歩きを楽しみましょう。
こちらのコースは梶原ガイドがご案内します。
※こちらのコースは行動時間が長くなっておりますのでご注意下さい。

Newツアー(宿泊編)

◎夕陽と海鮮が自慢の民宿に泊まる! 金冠山~達磨山と奥沼津アルプス 2日間
出発日:2023年01月14日(土)
集合場所:やまどうぐレンタル屋新宿店前 7:30出発
ツアー代金:32,800円
https://www.yamakara.com/course/811/detail

雪山には行かないけど、少し遠くの山には行きたい!そんなお声にお応えして企画しました!
伊豆の人気低山縦走コース。特に2日目の奥沼津アルプスは岩場やハシゴ、急坂が続く歩き応え十分のコースです。
西伊豆の夕陽と海鮮が楽しめる土肥温泉の民宿に泊まります♪

◎雪洞泊体験
ガイドと一緒に雪の中で寝てみよう! 2日間
出発日:2023年01月28日(土)
集合場所:やまどうぐレンタル屋7時30分出発
ツアー代金:49,800円

https://www.yamakara.com/course/702/detail

雪を掘ってその中で寝る…体験したことのある方は少ないのではないでしょうか?
雪の中で寝ると聞くととても寒そうに思えますが、意外と寒くないんです!
雪洞の壁に穴をあけて明かりを灯したり、飲み物を入れて冷やしたり
自分で寝床をつくる雪洞泊ならではの楽しみ方ができます。
雪山をやるうえで生死を分ける非常に重要な技術でもある雪洞泊、日本有数の豪雪地帯、赤倉でぜひガイドと一緒に体験しませんか?
下山した後は赤倉温泉で温まって帰りましょう!

◎熊野古道/那智の滝上流神秘トレッキング 3日間
出発日:2023年02月10日(金)
集合場所:東京駅・現地集合
ツアー代金:東京駅発:79,800円 JR新宮駅集合・紀伊勝浦駅解散:55,800円

https://www.yamakara.com/course/189/detail

3年ぶりに企画再開の熊野古道シリーズ。
台風の影響で通行止めだった赤木越えも開通し、季節限定で正式参拝をした後でないと立ち入ることができない
那智の滝上流神秘取れキングを企画しました。
1泊目の宿泊先の川湯温泉では冬の風物詩、川をせき止めた天然の露天風呂「仙人風呂」体験も。
世界遺産に登録された赤木越えと聖域那智の滝上流へ行きましょう。

全国旅行支援対象ツアー

◎雨巻山と陶芸の町益子散策 ワンデー
出発日:2022年12月07日(水)
集合場所:やまどうぐレンタル屋新宿店前 7:30
ツアー代金:7,800円《全国旅行支援対象ツアー》【適用前ツアー代金:12,800円

https://www.yamakara.com/course/807/detail

栃木の低山&まち歩きシリーズ?今回は陶器で有名な益子の山に登ります。
12月になると葉を落とした木の間越しに筑波山、那須の山々、遠く東京スカイツリーや富士山の眺望も期待できます。
下山後は陶芸の街を散策などをしお風呂に入ってぽかぽかになって帰宅しましょう。

◎石割山 ワンデー
出発日:2022年12月17日(土)
集合場所:やまどうぐレンタル屋新宿店前 8:00
ツアー代金:7,800円《全国旅行支援対象ツアー》【適用前ツアー代金:12,800円】

https://www.yamakara.com/course/264/detail

富士山ビューパノラマトレッキングには石割山がおススメ。
石割神社には、真っ二つに割れた巨大な岩があります。この岩の割れ目を3回通ると幸運が開けるそうです。
2022年もあと少し、2023年の開運を祈りみんなで割れ目を3回通り抜けましょう

追加設定しました

◎スノーシューで行くイエローフォール 2日間
出発日:2023年03月04日(土)
集合場所:やまどうぐレンタル屋新宿店前 7:30
ツアー代金:39,800円

https://www.yamakara.com/course/79/detail

冬のこの季節だけ現れる滝を目指してスノーシューで歩きます。
宿泊は裏磐梯レイクリゾート。ゆっくり温泉を楽しみバイキングでお腹いっぱい。
翌日はホテルから五色沼を散策します。
真っ白な雪と真っ青な五色沼の色のコントラストが神秘的です。
雪山体験したいけど山小屋は苦手と言う方には絶対おすすめのプランです。
キャンセル待ちとなったため追加設定をいたしました。

【特別企画】冬の上高地を楽しもう!

◎山岳写真家・内田修と行く 上高地フォトスノーシュー&テント泊体験 3日間
出発日:2023年01月20日(金)
集合場所:やまどうぐレンタル屋新宿店前 10:00出発
ツアー代金:79,800円
https://www.yamakara.com/course/806/detail

北アルプスを中心に活動されている山岳写真家・内田修さんを迎えて、冬の上高地をスノーシューで歩き、撮影するツアーを企画しました。
カメラはスマートフォンでもOK!プロカメラマンから基本的な構図の取り方やちょっとしたコツを学びます。
1泊目は中の湯温泉旅館に泊まり、2泊目は上高地・小梨平にてテント泊を体験。
テント泊やスノーシューはガイドがレクチャーしますので、初めての方でも安心してご参加いただけます。
写真撮影だけではなくスノーシューやテント泊、温泉と冬の上高地の魅力が詰まった特別企画です。

2023年屋久島ツアー

◎屋久島 冬の奥岳
出発日:2023年02月2日(土)
集合場所:屋久島空港
ツアー代金:59,800円
https://www.yamakara.com/course/505/detail

年に1回のチャンスを狙って今年もやります。
屋久島冬の奥岳ツアー。九州最高峰を有する屋久島の山岳部は雪が降るんです。という話はなんとなく聞いた事はあるかもしれませんが実際にその目で見た人は少ない?日本一南の積雪を見に行きましょう。

◎屋久島 おとなの春休み
出発日:2023年02月23日(土)
集合場所:屋久島空港
ツアー代金:49,800円
https://www.yamakara.com/course/346/detail

農家の岩川さん(通称くまさん)が愛情たっぷり育てたタンカンは屋久島一との声も上がるほど本当に美味しいです。
またこのツアーはYamakaraでおなじみの一生さんも登場。普段は山のガイドさんですが、タンカンの収穫をしてても専門職の人みたいに収穫姿が手際よい(笑)
ゆるーく美味しく南の島で春休みを過ごしてみてはいかがでしょう。

◎屋久島 おとなの夏休み
出発日:2023年08月25日(金)
集合場所:屋久島空港
ツアー代金:49,800円
https://www.yamakara.com/course/347/detail

参加者の皆様には毎年大好評いただいているこちらも人気企画、屋久島おとなの夏休み。「おとなの」と言いながら子供に返った様に海・山・川でおもいっきり遊んでやろう。というツアーです。
清流のリバーカヤックやウミガメとのシュノーケリング、白谷雲水峽での森林浴。
日頃頑張ってるご褒美に屋久島で贅沢な夏休みをお過ごしください。

◎屋久島 宮之浦岳~縄文杉~白谷雲水峡縦走
出発日:2023年03月18日(土) ・04月28日(金)・05月04日(木)・05月25日(木)・06月01日(木)
集合場所:屋久島空港
ツアー代金:59,800円
(ポーターオプション+10,000円)
https://www.yamakara.com/course/336/detail

王道の宮之浦岳~縄文杉~白谷雲水峽をめぐる縦走
言わずと知れた王道の屋久島ツアーですが、Yamakaraもこちらの縦走の経験値は島内随一です。初めての屋久島で有名所を押さえたい方にはピッタリのツアーです。

◎屋久島 花山歩道~永田岳~宮之浦岳縦走
出発日:2023年05月19日(金)
集合場所:屋久島空港
ツアー代金:59,800円
(ポーターオプション+10,000円)
https://www.yamakara.com/course/342/detail

名峰永田岳・奇石ローソク岩・原生林花山歩道と屋久島の自然のポテンシャルの高さを感じれるマイナールート縦走となっています。
王道ルートに負けない。もしくはそれを凌ぐような自然がまだまだ屋久島にはたくさんあるんだなぁーと感じてもらえる行程です。

◎屋久島 ゼロtoゼロ
出発日:2023年10月12日(木)
集合場所:屋久島空港
ツアー代金:64,800円
(ポーターオプション+10,000円)
https://www.yamakara.com/course/340/detail

Yamakara屋久島で噂のツアーゼロゼロです。
海から九州最高峰。そして反対側の海へ。という島でしかできない登山というよりは冒険のような旅。
数年に渡りコースを迷走して様々な屋久島の登山道を縦横無尽に歩き倒してみましたが、来年は原点回帰。
ゼロゼロを達成する上で一番サポートを受けれる行程でご案内します。
噂とツアー名でしり込みする必要はございません。
楠川歩道・尾之間歩道は空荷での歩行ができたり、縄文ルートのガイドさんが食材を運んでくれたり今回のルートはYamakara屋久島チームの全力サポートで参加者の縦走を応援します。

カスタマーセンターからの重要なご案内

【YamakaraのQ&Aページをまずはご確認ください】
みなさまからのよくあるご質問をまとめておりますのでご活用くださいませ!
https://www.yamakara.com/kawaraban/yamakaranews/560/yamakara_q&a

【Yamakaraからのメールが届かないお客様へ】
「Yamakaraからのメールが届かない」、「迷惑メールフォルダに入ってしまっていた」
というお問い合わせをいただきました。
受信設定についてかわら版に書きましたので、ご参考まで。

https://www.yamakara.com/kawaraban/yamakaranews/527/email-settings

※メルマガ(Yamakara通信)とYamakaraツアー案内(申込案内メールなど)は送信元が異なります。

【レンタル装備のお申込は期日までに!】
最終案内を見てからレンタル装備の申し込みでは間に合いません。
申込期日を過ぎてしまった場合は、Yamakaraではレンタル装備をご用意できませんのでご注意ください。

●レンタル装備登録方法の操作手順はコチラ●
https://www.yamakara.com/kawaraban/yamakaranews/492/howtorental

その他ご不明点は、カスタマーセンターへお気軽にお問い合わせください!!!
TEL:050-5865-1614 (10時~17時 ※土日祝定休)

この記事をシェアする

この記事を読んだ人が過去に見た記事

  • 【レンタル装備品】ご登録手順

    やまどうぐレンタル付きツアー「Yamakara」をご利用いただき、ありがとうございます。レンタルフォームからの、装備の登録・変更手順についてご説明させていただきます。【注意事項】★...

  • 【Yamakara通信1213】寒波到来!

    今日は寒かったですね。北日本は発達した低気圧の影響で今シーズン最強の寒波でお天気は大荒れとの事。雪が降ってくれるのはいいですが、吹雪とかはちょっと。。。明日からも冷えるようですので...

  • happy new year 2022

    【Yamakara通信0101】新年号明けましておめでとうございます

    2022年が始まりました。昨年はYamakaraツアーにご参加いただきありがとうございました。今年も色々とツアーを企画し、皆様のご参加をお待ちしております。引き続きYamakara...

  • 【Yamakara通信1227】寒波にも負けず山へGo

    今年一番の大寒波、この言葉2回ほど聞いているような気がしますが・・・17時を過ぎるとキ~ンと寒くなり、体が固まってしまいそうになります。そんな時こそ体を動かしてぽかぽかにしないとだ...

  • 雪の宮之浦岳

    【Yamakara通信1220】師走は忙しい

    週末は寒波の影響で縄文杉ルートにも雪がつもりました。屋久島でも冬本番といった感じです。年末にも寒波が来るようで雪が深まる地域も多そうですね。今週のメルマガはnewツアーや屋久島ツア...

  • 益救参道

    【Yamakara通信0117】鬼火焚き

    年明けから半月。少しずつですが、陽も長くなってきましたね。とは言えまだまだ冬本番。しばらく寒い日も続きます。コロナウイルスの感染拡大のニュースも気になる状況ですが、体調管理と感染対...

  • 【Yamakara通信0110】寒波ふたたび

    年が明けても寒い日が続いております。今日は比較的暖かかったですが、また明日から寒波が来るようです。先週のように関東地方も雪が!?なんて予報もチラホラでています。山に行くときもそうで...

  • DSC05999

    【経】ツアーについて

    こんにちは。Yamakaraの山田です。
    今回は、新たに登場した、【経】のついている、つまり、経験者のみのツアーについて説明します。
    まず、この【経】のついているツアーは雪山の...

  • ツアー代金のご入金について

    今までツアーにお申し込みをいただきますと、お申込案内のメールをもって受付完了、
    ご入金をもって予約完了となりますとご案内させていただいておりました。
    しかしお申込後、そのままご...

  • 【Yamakara通信0124】雪の芸術作品を見つけに行きませんか

    2022年もあっという間に1か月が過ぎてしまいました。今年もコロナに振り回される1年が始まり、「まん延防止措置」適用を政府に要請と言うニュースばかり目にする日々が続いていますが、コ...